伊賀牛の肥育・販売と完熟牛糞堆肥の製造販売

伊賀牛生産 奥田ゴールドファーム
  • ホーム
  • 奥田伊賀牛とは
  • 肥育方針
  • 牛糞堆肥の販売
  • 会社概要
  • お問合せ

牛肉の格付け

よくA-5とかB-4とかお聞きになると思います。
アルファベットのA、B、Cで表される歩留等級と数値の5~1で表される肉質等級の組み合わせで格付けが行われます。
ちなみに肉質等級4項目のうち最低点が格付けに採用されます。
3項目で5等級をとっても残りの一つが1等級であればその肉はA-1、B-1、C-1のどれかにしかなりません。
肉質等級
 高 ←         → 低
 5  4  3  2  1

歩留等級

 A  A5  A4  A3  A2  A1
 B  B5  B4  B3  B2  B1
 C  C5  C4  C3  C2  C1

歩留等級A~C

このアルファベットのA、B、Cと言うのは牛を解体した時の取れる肉の量の多い、少ないの基準で肉質には関係ありません。
生産者、流通業者が取引の基準にしているものでAでもBでもCでも消費者の皆さんは気にする必要はありません。
等級 歩留
A  部分肉歩留が標準より良いもの
B  部分肉歩留が標準のもの
C  部分肉歩留が標準より劣るもの

肉質等級5~1

以下がアルファベットの次に来る5~1の数値で表される肉質の基準です。
各数値が大きいほど良い肉とされてきています。

■脂肪校雑(霜降の度合いを表しています。)
等級 B.M.S.
 かなり良いもの No.8~No.12
 やや良いもの No.5~No.7
 標準のもの No.3~No.4
 標準に準ずるもの No.2
 劣るもの No.1

■肉の光沢(肉眼でカラーチップと比較して等級が決定されます。)
等級 光沢
 かなり良いもの  かなり良いもの
 やや良いもの  やや良いもの
 標準のもの  標準のもの
 標準に準ずるもの  標準に準ずるもの
 劣るもの  等級5~2以外

■肉の締まり及びきめ(肉眼で締まり及びきめを判定し、等級が決定されます。)
等級 きめ
 かなり良いもの  かなり細かいもの
 やや良いもの  やや細かいもの
 標準のもの  標準のもの
 標準に準ずるもの  標準に準ずるもの
 劣るもの  粗いもの

■脂肪の色沢と質肉の光沢(肉眼でカラーチップと比較して等級が決定されます。)
等級 光沢
 かなり良いもの  かなり良いもの
 やや良いもの  やや良いもの
 標準のもの  標準のもの
 標準に準ずるもの  標準に準ずるもの
 劣るもの  等級5~2以外

私たちが基準とする格付け

以外と思われるかもしれませんが、私たちの基準は肉質の4等級、A-4、B-4です。
霜降りのおいしさだけに頼らない赤身の旨みを兼ね備えた伊賀牛が奥田伊賀牛です。